menu
閉じる
  1. 【アル・ゴア】気候変動についての明るいニュース
閉じる
閉じる
  1. 【クリス・バーカード】凍りつく海でのサーフィンは最高!
  2. 【カミール・シーマン】極地の氷を追い続けて
  3. 【ツェリン・トブゲイ】二酸化炭素を減らす国 ブータン
  4. 【メラティ&イサベル・ワイセン】私たちが始めたバリ島のレジ袋禁止運動
  5. 【アル・ゴア】気候変動についての明るいニュース
  6. 【クリスティーン・ソン・キム】すてきな手話の響き
  7. 【ジョシュア・フォア】誰もが記憶の達人に
  8. 【ロバート・ウォールディンガー】史上最長の研究が明かす 幸福な人生の秘…
  9. 【ケネス・シノヅカ】祖父を守るための シンプルな発明
  10. 【マーティン・ピストリウス】僕は目覚めたのに 誰も気付かなかった
閉じる

【TED】日本語字幕

カテゴリー:生物

自身が撮影した氷山の写真を通して、太古の巨大な氷の塊が持つ複雑な美しさや命の繋がりについて語ります。

ミツバチは5,000万年もの間繁栄し、ひとつのコロニーには4万から5万のハチが驚くべき調和の中で生きています。 7年前、ハチのコロニーが一斉に死滅し始めました。それは何故か? もしかするとこのハチが、私達を映す鏡となってくれるかもしれません。 マーラ・スピヴァクが悲劇的な結果を生むかもしれない4つの理由を明らかにします。

デザイナーにして建築家、かつ科学者でもあるスーパーウーマン、MITメディアラボ准教授のネリ・オックスマン。 遺伝子を組み替えた微生物を宿す衣服やカイコの繭を使った建築物など、最新技術と生物学を融合させ、卓越した美的センスで斬新な作品を次々と生み出してきた舞台裏を語る。人間が自然を“産む”段階に入ったと語るオックスマン。 その真意とは?研究室への独自取材を交え、彼女の研究の最先端を紹介する。

最近の放送

  1. 追いかける価値があるものにはほんの少しだけ苦しみが必要だ、と言うサーフィン写真家のクリス・バーカード…
  2. 自身が撮影した氷山の写真を通して、太古の巨大な氷の塊が持つ複雑な美しさや命の繋がりについて語ります。…
  3. ヒマラヤ山脈に抱かれた国・ブータンの首相ツェリン・トブゲイが登壇。国土の7割以上が森林で覆われ、温室…
  4. メラティとイサベル・ワイゼンは、美しい故郷バリ島が、レジ袋によって汚染されるのを阻止しようという使命…
  5. 元アメリカ副大統領のアル・ゴアが、地球を破壊する恐れのある人為的な脅威とその問題と闘うための解決策に…
ページ上部へ戻る